プラセンタの種類|プラセンタの基礎知識

プラセンタの種類

色々な由来のプラセンタ

プラセンタには、ヒトを含んだ動物の胎盤から抽出され使用されています。この動物には、ヒト由来のものや、馬・豚・牛・羊由来のものなど様々な種類あります。ここでは、それらのプラセンタの種類について、少し詳しく書いていきたいと思います。

ヒト由来

ヒト由来のプラセンタ

ヒト由来のプラセンタは医薬品として、医療機関でのみ使用されています。注射の場合、ヒト胎盤エキスしか認められていません。サプリメントに関しては、ヒト由来のものは国内での製造や市販が禁止されていますが、病院によっては、輸入して販売しているところもあります。ヒト由来のサプリメントはインターネットなどでは買えませんので、病院で手に入れるしかありません。

豚由来

豚由来のプラセンタ

プラセンタサプリでメジャーなのは、豚プラセンタです。豚プラセンタがメジャーになった理由としては、馬と違って、年に2~3回出産し、一度の出産で10頭ほど産むため、馬に比べると比較的安く手に入るということがあるのではないでしょうか。
もう一つは、馬に比べると、豚の方が遺伝子的に人間に近いのです。分子構造が近いために、吸収率がいいと言われています。

ですが、豚は集団で飼育され、感染病になる割合も高いため、病気を予防するために、色々なワクチンや抗生物質を投与されています。それらが胎盤に与える影響を考えると、豚プラセンタを選ぶ際には、きちんと徹底した管理をされている豚を選ぶことが重要になってきます。

「SPF豚」と呼ばれるものは比較的安全と言われています。SPFというのは、病原体を持っていないという意味だそうです。衛生的な環境で育てられ、設備や管理方法にも厳しい基準が設けられています。それらをクリアした農場のみが認定され、1年ごとに厳重な更新審査が行われているそうです。それほど徹底した管理の下で育てられていることから、病気もほとんど発生しないため、抗菌性薬剤の使用が極端に少なくなって、薬剤残留の心配は解消されるというわけです。

SPF豚を使ったプラセンタというのも、選ぶ基準になるのではないでしょうか。

馬由来

馬由来のプラセンタ

馬プラセンタは、アミノ酸の含有量が高いのが特徴です。ほかの原料と比べると数百倍とも言われています。アミノ酸の種類も豊富ですし、ビタミンやミネラルも豊富に含んでおり、栄養価が高いのです。その分、値段的にも豚よりもお高めです。

1年に2~3回の出産が可能で、一度の出産で10頭ほど産む豚とは違い、馬の場合は、1年に1回の出産で、産まれてくるのは1頭ですから、希少価値が高くなるのも頷けますね。プラセンタに用いられる馬はサラブレッドが一般的らしく、中でも国産のサラブレッドの馬となると、更にお値段が高くなります。

サラブレッドの場合、無農薬の食事を与えたり、衛生面でも、徹底的に管理されているため、安全性も高いと言えます。尚且つ、馬の体温は豚などよりも高いので、病気にかかりにくいという特徴もあります。

豚の胎盤は薄い膜なのですが、一回の出産で一頭しか産まない馬の胎盤は厚みがあるというのも特徴です。豚と馬では成分の濃度が違うのです。

馬にしても豚にしても、選ぶ上で重要なのは、徹底的に管理したものを使っていることだと思います。

羊由来

羊由来のプラセンタ

日本では、豚や馬プラセンタに比べ、羊プラセンタはあまりメジャーではありませんが、羊の胎盤は、豚以上に、人間の胎盤と非常に近いため、浸透しやすく、体に馴染みやすいという特徴があります。特にアミノ酸の組成が近いのだそうです。
羊は病気に対しての抵抗力も高いので、原料としては安全性が高いとも言われています。数十種類のアミノ酸など、多くの栄養素が含まれているため、美容効果にも優れています。

ただ、BSEの人への感染について、科学的には証明されていませんが、危険性を減らすために、羊や牛など反芻動物に由来する原料を用いて製造される、医薬品や医薬部外品、化粧品などについて、日本政府が安全性確保措置を講じ、BSE発生国、またはBSE発生リスクの高い国を原産国とする原料の使用を禁止しました。なので、日本では作られていません。輸入しているものに関しては、厚生労働省の許可を得て販売されています。

禁止しているけれど輸入はしているというのがよくわからないのですが…。

海外では人気があるようですね。海外セレブやハリウッドスターも愛用しているそうです。ほかのプラセンタ以上に、品質管理がしっかりなされたものを選ぶことが一番重要だと思います。

牛由来

牛由来のプラセンタ

2001年の12月以前は、化粧品などで使用されているプラセンタのほとんどは、牛由来のプラセンタを原材料としていたそうです。

ですが狂牛問題が表面化してきた2001年3月12日、厚生労働省から、牛や羊など反芻動物の胎盤を原料したものを含んではいけないと通達があり、日本から牛由来のプラセンタは姿を消しました。

基礎知識 MENU

このページのトップへ