プラセンタの効果について|プラセンタの基礎知識

プラセンタの効果について

プラセンタは体の弱っている部分を修復し、自然治癒力を高めてくれます。本来あるべき状態へ戻す手助けをしてくれるのです。美肌効果を狙って摂取したら、肩こりが和らいだり、二日酔いしなくなったりと、意外なところにも効果をもたらしてくれるなんてことが多いのはそれが理由なんですね。

薬などは、ある特定のことにしか効きません。本来誰でも持っているものが不足して薬でそれを補う場合も、体が薬に頼ってしまい、自ら作り出せなくなったりすることもよくありますよね。ですが、プラセンタは自らそれを作り出せるような体にしてくれるので、そういった心配をする必要はありません。

プラセンタにはたくさんの成長因子や栄養素が含まれていますから、その効果は多岐に渡ります。ただ、何でもそうであるように、合う・合わないもありますし、全ての人に効果があるというわけではありません。同じ効果を期待して摂取しても、「ほかの人は効果があると言ってたのに何で効果を感じられないんだろう?」ということももちろんあるということです。

保険が適用されるもの

病院で注射をしてもらう際に保険がきくのは、肝機能障害、更年期障害、乳汁不全症の3つです。それ以外の目的で注射をする場合は保険適用外になり、自費ということになります。

B型C型慢性肝炎では、インターフェロンでの治療が一般的ですが、プラセンタと併用することで、インターフェロンの副作用が軽減されることがあるそうです。ちなみに、肝機能障害のプラセンタ注射薬としては「ラエンネック」が使用されます。副作用の緩和で言うと、抗がん剤と併用することで副作用が和らぐということも言われています。

更年期障害の原因はホルモンバランスが崩れることにより起こると言われています。女性ホルモン(エストロゲン)の量が減り、自律神経失調症を引き起こします。プラセンタにはホルモンバランスや自律神経を整える働きがありますので、注射薬の「メルスモン」が治療に使われています。

美容

たくさんの雑誌やメディアでプラセンタの商品が取り上げられていて、その多くは美容に関しての記事ですので、美容面への効果を期待してサプリやドリンクを摂られる方が一番多いのではないでしょうか?年齢を重ねるにつれ、お肌に関する色んなことが気になってきますし、悩みもどんどん増えていきますよね。私もその一人です。

様々な栄養素を含んでいるプラセンタは、肌荒れ・乾燥肌・しみ・そばかす・にきび・しわ・美白・たるみなどに効果があると言われています。潤いもアップし、ハリも出てくることから、エイジングケアにはとても最適ではないかと思います。若い人よりも、年齢を重ねている人の方が効果を実感しやすいかもしれません。

アレルギー

私もアトピーの治療を目的としてプラセンタ注射をしていて、その凄さは実感していますので、抗アレルギー作用があると思っています。実際今では、アトピーや喘息の治療などにプラセンタを用いているクリニックも増えてきました。

軽い症状の方であれば、サプリでも十分効果を感じられるのではないかと私は思っています。注射の場合は、献血が出来なくなるなどのリスクがありますし、痛いですし、毎回病院へ通うのも大変ですからサプリやドリンクが手軽かなと思います。

精神疾患

プラセンタに含まれる成長因子の一つである神経細胞増殖因子(NGF)は神経細胞(交感神経・副交感神経・知覚神経節細胞)の増殖と再生を促します。それにより精神も安定するので、自律神経が整うだけじゃなく、うつなどの改善にもいいと言われています。不眠症や不安神経症にも効果があるそうです。

その他

上記以外には、肩こり・五十肩・腰痛・ひざ痛・筋肉痛・関節リウマチ・関節痛・生理痛・生理不順・冷え性・食欲不振・胃炎・胃潰瘍・視力低下・歯槽膿漏・口内炎・メニエール病などにも効果があると言われています。

基礎知識 MENU

このページのトップへ