プラセンタ注射以外の摂取方法|プラセンタナビ

プラセンタとは?

もともと「プラセンタ(placenta)」とは胎盤のことを指す言葉です。胎盤に含まれている成長因子は100種類以上もあると言われていて、その成長因子は、細胞を活性化し、細胞分裂を促進してくれます。そんなプラセンタを身体に入れることにより、弱った機能を修復し、再生するような体質にしてくれて、新陳代謝を促してくれます。そのため、プラセンタは美容などにも効果があるといわれています。

プラセンタの一番効果的な摂取方法は注射。けど…。

医療や美容などの業界で、一躍注目を集めているプラセンタ。

そのプラセンタの摂取方法として、一番効果的だといわれるのは注射でプラセンタを摂取することです。病院の薬も経口投与(口から飲む)より、注射の方が効果が早いのと同様に、注射で直接血中に投与したほうが効率的に早くその成分を体内に届けることができます。また、ヒト(人間)由来のプラセンタを日本国内で摂取するには、基本的には病院で注射により摂取するしかありません。(※1)

ですが…。
私自身病院でプラセンタの注射をしたことがありますが、この注射をするにはちょっとした勇気が要ります。何故勇気がいるのかというと…。
「注射が苦手。っていうか怖い…」
「続けることを考えた場合、費用が高額になる」
そしてもうひとつ勇気が必要となった原因が…。
「同意書にサインを求められる」ということでした。

同意書にサインをする。それは、そこに書かれたリスクを確認し、その「リスクを承知する」ということです。同意書には、心配される副作用などの記載がありましたが、薬であれば薬局で売られている市販薬にも副作用はかかれていますのでそこはあまり気にならなかったのですが、私が一番気になったのは…

「人胎盤由来医療品の使用者は、献血をすることが出来ません」

という一文。簡単に言えば「プラセンタ注射をした人は、他の人に血液をあげられなくなる」ということです。(何故そうなるのかは「プラセンタ注射について」のページにまとめています。)

私の場合、結局同意書にサインをし注射をしたのですが、中にはこれが原因で注射を断念した人もいるようです。また、一度注射はしたものの、費用の面や病院に定期的にいく手間がわずらわしくて途中でプラセンタ注射をやめた方もいるのではないでしょうか。(私もその一人です。)

当サイトでは、そんなプラセンタには興味があるけれども注射以外の摂取手段でプラセンタをとりたいという方々に、注射以外のプラセンタを摂取する方法やアイテムをご紹介するサイトです。

※1…サプリメントなどの注射以外のプラセンタは、ヒト由来のものは国内での製造や市販が法律で禁止されています。(一部の病院などで海外から輸入して販売している所もあるそうですが…)

注射以外の摂取方法

ではプラセンタを注射以外で摂取する方法には、どのような方法があるのでしょうか?
プラセンタの注射以外での代表的な摂取方法には、以下のような方法があります。

・サプリメントで摂取する。
・ドリンク剤で摂取する。
・プラセンタが配合されている化粧品を利用して外部から取り入れる。

それではこれらの摂取方法について具体的に見ていきましょう。

プラセンタのサプリメント

美容効果も高いプラセンタを手軽に摂取できるため、サプリメントの中でも人気ですね。選ぶポイントとしては、原材料となるプラセンタが何由来のものなのか、その産地、1カプセルにどれくらいのプラセンタが入っているのか、プラセンタ以外、どんな成分が入っているのかなど、自分の目で十分確認してから購入することをオススメします。

プラセンタのドリンク

ドリンクもサプリメント同様、プラセンタの含有量や産地など十分に確認してください。プラセンタは独特の匂いがありますが、最近のドリンクは、飲みやすいよう、味にこだわって作られているものもたくさんあります。飲み続けることを考えると、味も重要になってきますね。

プラセンタ化粧品

最近は、化粧品も多くのメーカーから出ています。大きな力を秘めたプラセンタによって、肌を整えてくれます。メーカーによっては、結構クサイ匂いを感じるものもあります。顔につけるものですから、クサイと結構ツライです(経験上)。最初はトライアルセットから始めてみるのもいいかもしれません。

インフォメーション

当サイトでは、主に美容に関するプラセンタの情報をまとめて掲載しています。今後も様々な情報を掲載していこうと思っておりますのでよろしくお願いいたします。
その他運営サイト:本気のおすすめ化粧水ランキング!│化粧水比較ナビ

このページのトップへ